MENU

新着情報  プレスリリース

データベース型EAとは

データベース型EAは、様々なテクニカル指標(移動平均線、ボリンジャーバンド、MACD等)を組み合わせて自動売買トレードを行う通常のEAに、新たにデータベース機能を加えました。

これにより過去のよく似たチャートパターンをデータベース検索し、統計的な実績を基にしたトレードを行うといった、より堅実なEAが作成できるようなりました。

チャートには流行や傾向があり、過去数年で勝てるパターンが翌年には通用しないケースがありますが、データベース型EAでは、常に実績をデータベースへ最新情報を蓄積するため、チャート変動の流行や傾向を考慮したトレードが可能となります。
   
※ Asucompany.comのサイトでは、データベース型EAをご購入頂いた方が、断続的な運用にも安心してご利用いただけるよう、データベースの最新パターンを無償で公開していく予定です。
(ご購入頂いたデータベース型EAを用いて、最新のデータパターンを作成頂くことも可能です) 
    
販売中のEA
EADB-EURJPY

 

≫ 続きを読む

2015/11/15    プレスリリース    asucompany   |    タグ:EA